読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2.5次元びゅーーーん

神山智洋くんの手のひらの上で転がる日々。

濵田崇裕(28)というオトコ

はまちゃん、28歳のお誕生日おめでとう!関西ジャニーズJr.のころから、そして恐らく今でも、たくさんの後輩に細いけれどかっこいい背中を見せ続けてくれているはまちゃん。"ミスしても、笑いに変えてくれていた人"を失ってしまったとき、どれほどの責任や不安を、その背中に負っていたのかは計り知れません。それでも『この世界で、僕が何か手にしたものがあるなら、それはまちがいなく仲間』だというはまちゃん。退所の噂を立てられようが、意地でもステージに立ち続けてくれたはまちゃん。そんなはまちゃんが唯一立ちすくんでしまったのが、2014年のあけおめリハだったと知ったときは、あの時間がどれほど7人を苦しめたのだろうと胸が苦しくなりました。今こうして7人一緒にデビューができて、同じ方向に進み続けている道の途中に、たくさんの笑顔が溢れているのは、はまちゃんのおかげだと思っています。ありがとう。

 

わたしがはまちゃんに伝えたいのは、はまちゃんは自分が思っているより何倍も、何十倍も、いやいや何百倍もかっこいいよってことです。ものすごく個人的憶測なんですけど、ジャニーズWESTのなかで"自己評価"と"世間的な評価"に最もギャップがあるのがはまちゃんなのではないかと思っています。はまちゃんは知らないんです、どれほどのジャニオタがあなたに抱き捨てられたいと思っているのか!はまちゃんは知らないんです、どれほどのジャニオタが街中でイクメンを見るたびにあなたと姿を重ねているのか!!もしそんなことをはまちゃんに伝えてみても、必ず決まってこう言うんでしょう。「いやいや、もっといっぱいイケメンおるやん!(笑)」って。でもわたしはその"自己評価"と"世間的な評価"のギャップが、他のメンバーにはない色気を感じさせてくれているのだと思うので、結局のところは自分のことを「俺は良い人どまりやからな~」ってヘラヘラ笑うはまちゃんのままで、ずっとそのままのはまちゃんでいてください。

 

ともぴろにとってはまちゃんは、アクロバットやギターのライバルでもあるけれど、その反面で良き理解者でもあると思っています。わたしは『逆転winner』のメイキングで、アクロバットに挑戦するはまちゃんの背中を、ともぴろがポンって押す場面がとっても大好き。多分この場面で「くぅ~~~~!」ってなるジャニオタ(語彙力3ですいません...)って、めちゃくちゃ多いのではないでしょうか。わたしはふいにこのはまかみを思い出すと、改めてアイドルって素晴らしいなあという気持ちになります。もちろん仲は良いのだけれど『仲良しこよし』とは少し違っていて、お互いをライバルだと思いながら高めあったり、一緒にアクロバット教室に通って切磋琢磨したり、口には出さないけれど「あいつがあの技をやるなら、俺はこの技をやろう」みたいな意識があるのではないかと思っていて、そんなはまかみを思うと胸がアツくなります。

 

そんなライバル意識を持っていながらも、ともぴろが一度アクロバットに失敗してトラウマになりかけたときに背中を押してくれたはまちゃん。ともぴろが「お米になりたい」と訳の分からない例えを持ち出してきても、「それをすくうしゃもじになりたい」と助けてくれる優しくてあったか~いはまちゃんが大好き!メンバーがはまちゃんに救われている部分がたくさんあるように、わたしたちファンもはまちゃんにいつも元気をもらっています。またはまかみでリアリティ溢れる恋バナをしてほしいな~とも思うし、はまちゃんとユニットを組んでいるともぴろも観たいな~とも思います。はまかみだったらギターの弾き語りがいいな♡ばどはともぴろに甘いから、アクロバットの面でも他の面でも、はまちゃんはこれからもともぴろを鼓舞するような存在でいてください。お誕生日おめでとう!