読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2.5次元びゅーーーん

神山智洋くんの手のひらの上で転がる日々。

もしもジャニーズWESTが自分の生徒だったら~前編~

 

相変わらず女教師脳(たまにハイカーストミニスカJK)なあこです。先生になれるような学もなければ芸術を愛でる心もない蛍太郎のようなわたしですが、今回はこんな妄想をしてみました。

 

重岡大毅

お調子者だけど授業は真面目に受けてくれる。学祭のアイデアが決まらなくて悩んでいると「おれ、せんせーとお化け屋敷はいりたーい!」ってふざけながらもクラスをまとめてくれる。誰とでも仲良くなれるいい子。放課後に「せんせー、ここ教えてー!」と職員室へくる。『いやこれ、古文!わたし、英語!古文の先生に教えてもらいなよ!』って言うと「ええやん、どうせ暇やろ?(笑)わかるとこだけでええからさ!」ってお願いしてくる。仕方ないから教えてあげると「すげー!せんせー、古文もできんねんな。覚えとこ~(笑)」と満足そうな重岡くん。『いつもいろいろ助けてもらってるからね~。』と言うと、「ほんっま!手のかかる担任やわ!」と笑いながら言ってくる。生意気な言葉で返してくるから手でシッシッってやると、顔を覗き込んできて「嘘やん、ありがと?じゃ、また明日~!」ってニコニコしながら去っていくから......ニコニコしながら去っていくから~~~!!!

 

桐山照史

誰とでもフレンドリーでわたしのことも「ちゃん」付け。バスケ部の主将。全くバスケのことが分からないのに、着任早々バスケ部の顧問にされてしまったわたしに、ルールとか部活の仲間について教えてくれた優しい子。引退試合の前日、全体練習の後に一人残って自主練をしている桐山くんを見守る。気が済んだのか道具を片付けだしたから手伝いに行くと「ほんまありがとうな?いっつも練習付き合ってくれて。」と、顧問として当たり前のことをしているだけなのにお礼を言ってくれる桐山くん。片付け終わったから『気をつけて帰るんだよ?』って言うと、「なんなん、めっちゃ先生みたいなこと言うやん(笑)」って笑ってくる。「まあ、でも、明日の試合終わったら、ほんまに〇〇ちゃんのこと先生として見いひんから。」って言ってくるから、『はあ!?先生として見てくれたことなんて一度もないじゃ~ん!(笑)』って返しちゃって「いや、そういう意味ちゃう...けど......」って桐山くんを困らせちゃうわたしの馬鹿馬鹿♡(病気)

 

中間淳太

頭がバリバリよろしい生徒会長。通知表はオール5、かと思いきや体育だけ2。文化祭で新しいイベントを提案したときも、それに対する先生たちの指摘を全て論破できるぐらい有能。でも後輩の重岡くんのウザ絡みには一向に勝てない様子。生徒会室で二人、文化祭の飾り作り。もうすぐあるテストのこととか将来のこととか、ダラダラ喋りながら口を動かしていると「……先生、照史に告白されたんでしょ?」って意地悪なことを聞いてくる。「あいつ、先生から"まだ返事もらえへん~"って泣きそうな顔してましたよ?(笑)」とか言ってくるから、『なんでいきなりそんな意地悪な話するの?』って言うと「俺、好きな女の子には意地悪しちゃうタイプやから(笑)」っていつもの笑い方で言ってくる中間くん。「あ、もちろん今日二人きりなんも、照史に内緒にしてますよ?」とか言ってくる中間くん。中間くん、ああ中間くん、中間くん。

 

くぅ~~~久々に妄想した気がする……3人で精根尽き果ててしまった…...でも生徒ってやっぱいいなあ、なんかこう、うん、好きだなあ......残りの4人はまた後日。おわり☆