読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2.5次元びゅーーーん

神山智洋くんの手のひらの上で転がる日々。

暇の極みオタクがお題スロットを回します

 お暇なのでお題スロットを回しますー!

 

お題「ポケモンGO

光の速さで飽きた。リリースされてすぐのころは、地元の観光地でポケモンを集めたり、夜な夜な家の周りを徘徊して卵を孵化させたりもしたけれど、先月ぐらいから全くアプリを開いていない。先ほど久しぶりにアプリを開いたらポケモンを連れて歩ける機能がついていたので、とりあえずともぴろ(ピカチュウ)をお供に設定した。ツイートを遡ってみると、8月中旬にはポケモンに名前をつけて遊ぶアプリと化していた。

他にもじゅんた(3ちゃい)(ニョロモ)、調子の悪い照史(ヤドン)、神山智洋イシツブテ)、村上信五(コンパン)などなど。ちなみに今一番ハマっているスマホアプリは塗り絵ができるやつです。

 

お題「秋の夜にしたいこと」

少女漫画でキュンキュンしたい。最近は『きょうのキラ君』とか『午前0時、キスしに来てよ。』を読み漁っている。

きょうのキラ君(9) (別冊フレンドコミックス)

きょうのキラ君(9) (別冊フレンドコミックス)

 

 わたしはストーリーよりも画が好きかどうかを重視するタイプなんだけど、みきもと先生の漫画に出てくる女の子はめちゃくちゃタイプ。『きょうのキラくん』のニノンちゃんとかCHO-可愛い。でも一番好きなのは、最近実写化が決まった『ひるなかの流星』や『シュガーズ』のやまもり三香先生。

ひるなかの流星 9 (マーガレットコミックス)

ひるなかの流星 9 (マーガレットコミックス)

 

 男女ともにCHO-おしゃれ。『ひるなかの流星』の馬村くんが本当にかっこよくて、2次元男子の中で二番目に好き。一番は『ご近所物語』のツトム 。後にも先にもツトムを超える男子はいないと思っている。

 

お題「ここで一句」

あーはやく 定時になって くれないか 

 

お題「これって私だけ?」

最近めちゃくちゃ感じることは、わたしにとって自担とは、イコール好きな異性のタイプではないということ。安田くんを応援していたころは『抱いて、セニョリータ』な気分だったけど、ともぴろを応援している今はもはや童謡。ともぴろちゃんと『どんぐりころころ』したい。もはや息子を見るような目だから、こっちが心配になるようなお喋りだって、「も~なんでそんなこと言うの~(;;)」と思うような面倒くさいお説教だって(←)受け入れられる。そして純粋にアイドルとして好きだから、歌もダンスもお芝居も一生涯見続けたいと思う。でも『抱いて、セニョリータ』な気分ではない。あくまでも『どんぐりころころ』な気分。

いや、もちろんともぴろちゃんのお顔は好きだ。アイドルとして魅力を感じている一つの理由は"顔"だし、カメラロールだってともぴろでぱんぱんである。それはそうなんだけど、ともぴろには性的な魅力というよりも、オタク心を揺さぶる魅力というか?「はあ~~~ともぴろちゃん~~~よしよし~~~がんばったがんばった~~~(;;)」ってしたい願望が強めというか??育てたい???支えたい????もっとわたしを頼ってよ、みたいな?????語彙力が皆無だけど、皆さんに上手く伝われーい!(丸投げ)そういう感情に『抱いて、セニョリータ』要素が上手く合わさっているのが、わたしにとって松阪桃李くんなのである。

でも昔のわたしみたいに、自担イコール好きな異性のタイプな人が多いんだろうなと思う。『好きな異性のタイプは?』という質問に、自担の名前があがらない人ってどれくらいいるんだろうと思う今日この頃でした。

 

ちゃんちゃん☆