今週のラジオも勝手に振り返るの巻

男前を目指せ

前回は『会社の喫煙室でコーヒー片手にお喋りする同期3人』と表現しましたが、今回は『合コンで意味の分からないゲームを提案してくる男子3人』です。

「なななっ!ゲームせえへん?」と言いはじめるのは、幹事をしながらも「俺飲んでへんし、こいつ送ってくわ。」で百戦錬磨の男・桐山照史。「なんそれ!俺やる!俺やる!!」と手を挙げるのは、「あ、俺さ、彼女おんねんけど……ええやろ?」で百発百中の合コン王・濱田崇裕。そんな二人にツッコミを入れながらも「しゃーないな、俺にやらしてみ。」と無駄なところで知性を発揮するのは、「は!?お前ら、いつのまに連絡先ゲットしてんねん!?」でお馴染み・中間淳太。以上3人でお送りしています。

そんなことばかり考えていたので、正直ゲームの内容を覚えていません。でもはまじゅんがゲストのときの照史は、本当に末っ子感が溢れていて良い。「も~、無理や~(;;)」ってゲームを放棄するのも、この二人だったからこそみたいなところある。兄組のラジオ楽しい。

 

bayじゃないか

しげちゃんの奇行は『他人が嫌がることをするのが好き病』だったらしい。「自覚あってよかったわ」って安心する淳太くんのハードルの低さ。あまあま。しかしラジオネーム『重岡くん、前髪作って』さん、天才的すぎる。わたしも『ともぴろちゃん、銀髪にして』さん、で何か送ろうかな。でも「はあ?ともぴろちゃんってなんやねん?(笑)」って言われたら立ち上がれないぐらい傷つくからやめよ。考えただけで泣きそう。そして心理テスト(自分の名前を真ん中に書いて、周りにメンバーの名前を書くってやつ)、わたしもやってみました。

f:id:aco_oca:20160921140547j:plain

自分の名前より上にいる人が尊敬している人、横にいる人が信頼している人、下にいる人がナメている人だそう。しげじゅんともに、年下3人をナメているのがめちゃくちゃ良かった。ナメられているりゅかみこた、CHO-愛しい。そんなわたしは、ともぴろを横におきたい一心だけで選びました。

こんなふざけた心理テストをしたかと思えば、淳太くんがしげちゃんのことを褒めだすから泣くかと思った。「デビューのときに最初から最後まで7人でって言ってくれてありがとう」って、それラジオでしれっと言う(;;)!?「言いたくないこともいろいろあったし、言わんけど」って言葉に、改めてデビュー前っていう人生で最高に幸せなはずの期間が、あの7人にとっては最高に地獄だったんだろうなと思った。そんな今週のラジオで一番グッときた大毅の一言は、7人にこだわってくれたという話をしていたときの「譲る気なかったからね」です。

 

もぎたて関ジュース

遠距離恋愛を始めるリスナーさんの彼氏を、控えめながらも「無責任」「結婚する気がない」とズタボロにいう我が軍の年長組に笑う。「別れたほうがええ」だなんてね、簡単に言うんじゃないよ!また結婚相手を見つけるのに何年かかると思ってんだよ!!こっちは人生の大切な3年間を捧げてんだよ!!!グッドモーニングコールの上原くんとなおなんて、未だに結婚しないんだよ!!?と、リスナーの気持ちになってしまうあこでした。そしてはまちゃは、すぐ浮気するっていう。もうね、脳みそが浮気。遠距離恋愛=浮気、みたいになってる。「僕は浮気したことがあります。」って言っているようなもんです!でも、はまちゃは不器用だから二股じゃないの、浮気なの。そこがはまちゃの良いところ。器用な人なら東の女と西の女を作れるのに、はまちゃはそれができなさそう。西の女に罪悪感を抱きつつも、東の女に浮気しちゃう。西の女がいることを告げても、東の女はそれを許容してしまう。そうして東西を駆け巡る。それが濱田崇裕。(※わたしのわたしによるわたしのためのめちゃくちゃな偏見です。)そして淳太くん、毎日台湾のおじいちゃん・おばあちゃんとテレビ電話しているのCHO-可愛すぎるけど、早く彼女できたらいいね…。

 

 

最近仕事の休憩時間にラジオを一気に3本聴くのが癒しです。聴いていない人にも分かるようにブログを書いているつもりなんですけど、アレだったらごめんなさい。なんかもぎ関みたいに、もっとメンバーの恋愛感を掘り下げてほしい。掘り下げるのが無理なら勝手に掘るから、「遠距離恋愛」とか「年上女性」とかいうお題をどんどん与えてみてほしい。VBB富山までちょっと時間あるし、ともぴろも来月ぐらいにはラジオ出てくれるかな~くれないかな~。おわり☆