読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2.5次元びゅーーーん

神山智洋くんの手のひらの上で転がる日々。

ジャニーズWESTのおすすめ夏ソング1選

気がつけば季節は7月。キュートなクリスマスソングをゴリ推ししていたわたしも、もうそろそろ脳みそを夏仕様にしなければいけない。ジャニーズWESTは夏生まれが多いせいか、夏の歌が多いイメージがある。曲名にSummerが入っているものもあれば、タイトルは普通なのに「もう二度と来ないこの夏」なんておセンチな歌詞をぶっこんでくるような歌もある。そのなかでもわたしが特にオススメしたいのが

迷宮SUMMER

 

系統でいえば『Toxic Love』に近いこの曲は、シングル『バリハピ』の通常盤に収録されているカップリング曲である。今年の初めに行われたツアーではセトリに含まれていた。『Terrible』からバトンを引継ぎ、『PARTY MANIACS』へと流れを繋ぐこの曲は、イきりまくるともぴろちゃんのテンションを最高潮にしてくれる。しかし残念ながら少年倶楽部で未だに披露されていない一曲である。個人的にこの曲にはメンバー1人1人に見せ場というか、好きなフレーズがあるので順番に紹介していきたい。

 

しげちゃん

「裸足で踊ろうよ 待ち焦がれた だから弾けるSeason」

誘ってくる。裸足で踊ろうよって、誘ってくる。ここの歌詞が凄くしげちゃんみがある気がしてならない。だってSeason弾かせそうだもん。あと「弾ける Season」って歌うときの声が結構高くて凄く可愛いから是非とも注目して聴いてみてほしい。胸がキュンとなる。

 

あきと

「今年の夏こそ just give me your love, give me your love 確かめたい」

超絶に歌が上手い。あきとの歌声を聴いていると、自分もこんな風に声が出るんじゃないかと思ってカラオケに行きたくなるんだけれど、いざやってみても全然出ない。これをライブでもやっているんだから、あきとは本当に歌が上手なんだろうなって思う。

 

淳太くん

「刺激求めちゃうでしょ?おかしくなりそうさ」

淳太くんが歌わなくて誰が歌う!っていうような歌詞。それほど「刺激求めちゃうでしょ?」が様になっている。いつかヒルナンデスで「奥さん!このタンタンメンみたいに、僕に刺激求めちゃうでしょ?」とか言いそうじゃん??そして「刺激求めちゃうでしょ?」って問いかけているのに自分が「おかしくなりそう」になっていて可愛い。

 

ともぴろちゃん

「She’s wicked.」

歌のあちらこちらにちりばめられているこのラップ。ドヤ顔で歌っているのが目に浮かぶようで可愛い。個人的には最後の最後に出てくる「She’s wicked」が一番かっこいいと思っているので、もうそろそろ曲が終わると思っても気を抜かないで聴いてほしい。この曲を歌うともぴろの声が好きなんだけど「見とれているうちに 夏が終わりそうさ」とか凄く可愛い。ちなみに「見とれているうちに」のあとに「フーッ!!」って合いの手が入るのが凄く好き。

 

藤井

「流れてく風の中 迷い込んだsea side」

歌いだしでsea sideに迷い込んじゃう藤井が可愛い。藤井らしい。あと藤井もともぴろと同様で、歌のあちらこちらで「make you」とラップをちりばめている。多分この二人のラップがあるから、わたしはこの曲を『Toxic Love』系だなって思うのだろう。あと「愛を込めて 振り絞ったこの声」が本当に声を絞っているみたいで好き。

 

はまちゃん

「二人の時間は 今だけかもOne chance」

ワンチャン狙ってくる。ジャニーズWESTのリア恋枠が二人きりになるワンチャンを狙ってくる歌。めっちゃ夏に相応しい。ここの「One chance」の言い方が、個人的にはものすごくはまちゃんだからそこにも注目して聴いてほしい。

 

のぞむぅ

「I wanna make you, make you, make you, mine」

のぞむぅの「めきゅめきゅ」からはじまるこの歌。これがなければこの歌は始まらない。あと「髪を揺らし 悩ましく」って、当時18歳の男の子が本当に悩ましく歌っちゃうからおばちゃんは困る。そうか、のぞむぅはこのとき18歳だったのか。やば。

 

 

とまあ、こんな感じでとってもかっこいい曲なので聴いたことない方は是非聴いてほしいし、カップリングだから存在を忘れていた!なんて方も改めて聴いてみてほしい!ちなみにわたしは通勤途中ずっとこの曲を熱唱しながら車を運転して目を覚ましている。おわり☆