読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2.5次元びゅーーーん

神山智洋くんの手のひらの上で転がる日々。

もしもジャニーズWESTとお料理をしたら

ジャニヲタ ジャニーズ ジャニーズWEST 神山智洋 もしも

小腹がすいたので、ジャニーズWESTちゃんたちとご飯作ります。

 

重岡大毅×ラーメン

醤油ラーメンって感じ。買出しは一緒に行ってくれるけれど、カートを押すのが下手くそ。買い物袋とか自然に持ってくれる。最近身体を鍛えまくっているしげちゃんなら、より頼りがいがありそう。だけど作るのは任せっぱなし。ダイニングテーブルで「なあー!まだまだまだー!?」って手足をバタバタさせがち。買出しのときに見せてくれた男みはどこへやら。スープと麺の準備ができて、あとは具を盛り付けるだけってところで顔を覗かせてくる。「俺、チャーシュー5枚な!」ってとびっきりの笑顔で言ってくるけれど、チャーシューが6枚しかないことを知っていながら言ってくる小悪魔。

 

桐山照史×親子丼

ジャニーズで一番丼が似合う男。買出しでは率先してカートを押してくれるし、もちろん買い物袋も持ってくれる。さすがジャニーズWESTのリア恋枠。お米を炊くのにものすごく自信を持っていて、“氷を1つ入れると美味しく炊ける”みたいなうんちくも持っている。彼女が包丁を握っているとガン見してくるほど心配性。「左手は猫の手やぞ!なあ、猫の手やぞ!?」っていう声がうるさくて危ない。お茶碗は通常の1.5倍。「いっただっきまーす!」と元気よくご挨拶をして食べるときの笑顔はヒルナンデスでよく見るやつ。

 

中間淳太×ミートソーススパゲティ

嫌々買出しについてくるけど、スーパーに着くとノリノリ。カートを押す彼女の前を率先して歩くけれど、何を買えばいいのかわかっていない。そのため気付けば一人で歩いていることが多い。一つの買い物袋を彼女と一緒に持ちたい、という乙女チック男子。料理は出来ないけれどエプロンは購入済みで、いわゆる形から入るタイプ。包丁は怖くて持たせられないので“パスタを茹でる”“炒めているソースを見守る”程度しか任せられない。“目分量”という言葉が嫌いらしく、茹でる時間も「なあ、あと何分?え、あと2分!?さっきも2分って言ったやん!?」と焦るのが可愛い。

 

神山智洋×オムライス

スーパー大好き芸人。売り場にCHO-詳しくて、どこに何があるか全て頭に入っている。賞味期限や野菜の鮮度をちゃーんと見ながら買うので、彼女はカートを押しながらついて回るだけで買い物が成立する。女の子に買い物袋とか絶対持たせないタイプ。でもしげちゃんほどサラっとはできなくて、ドヤ感が滲み出てしまう。“料理が得意”と公言しているものの、実は彼女の手料理を食べたいタイプ。そして彼女には自分の手料理を食べさせたいタイプ。だから「なあ、どっちが玉子上手くできるか勝負しようや」って言いながら、ちゃっかり彼女の玉子をゲットする。可愛い。そして彼女が玉子のデキを褒めてくれるのが嬉しくて、ニヤニヤドヤドヤしてしまう。可愛い。

 

藤井流星×エッグベネディクト

寝起きに「エッグベネディクト食べたい」とか言うから一緒に買い出しに来たのに、エッグベネディクトがなんなのかよく分かっていない藤井。とりあえずクックパッドで調べた材料をカゴに入れていく彼女に対し、自分の欲しいものをポイポイっとカゴに入れてくる藤井。お金がかかる。作るのは彼女の役目、食器洗いは藤井の役目って家事分担がされている。食べ終わってリビングで一息ついていると、台所から「うわ!」って声が聞こえてくる。急いで台所へ向かうと、指を切っている藤井とシンクには割れたお皿。慌ててシンクの中に手を差し伸べると「おい!危ないから触んな!」という男らしい藤井。これからもこの子に貢いでいこうと決める。

 

濱田崇裕×クリームシチュー

「今日の晩御飯、何がいい?」って聴くと、必ず「クリームシチュー!」って返ってくる。いつものスーパーへ一緒に買出しに行くと、新商品を見つけるたびに「なあなあ、これ見て?めっちゃすごない!?」と言ってくるけれど、たいして凄くはない。レジのおばちゃんに“あんたらいっつも仲ええなあ~”と言われると、「せやろぉ~?」って嬉しそうに笑う。なで肩でエプロンがすぐズレるのが悩み。何回も一緒に料理をしているのに、一向に手順を覚えない。「これ切って?」とお願いすると「はい!」とお返事をくれる。完成したクリームシチューを一緒に食べていると「あー、ほんま美味しい。お前のクリームシチューなら一生食べられるわ。」って、自分も手伝ったのに“お前の”クリームシチューにしてくれるところがはまちゃん。

 

小瀧望×ハンバーグ

「今日ハンバーグでいい?」と聞くと「え、ハンバーグ!?うわ~、俺ちょうど食いたかったやつ~!」とハートを飛ばしながら言ってくる。一緒に料理をしていると、料理教室みたいになってきて「はい、じゃあ次はこれを切ってくださーい。」とお願いをすると、とっても嬉しそうに「はーい!」ってお返事をしてくれる。可愛い。ハンバーグの形を作っているときに、丸いのだけじゃ嫌みたいでハート型とか作っちゃう系男子。焼きあがったハンバーグにケチャップで文字とか絵を描くのもお楽しみの一つ。ハート型のハンバーグにたっぷりのケチャップをつけて、「はい!これは〇〇の!」って言ってくるから、これからもこの子に貢いでいこうと決める。

 

こういうことを考えていたら、本当に食べた気分になってお腹いっぱいになるよね。おわり☆