読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2.5次元びゅーーーん

神山智洋くんの手のひらの上で転がる日々。

ワクワクのこと ~神山智洋編~

1.授業を受ける姿勢がかわいい

なかなか姿勢が悪い。ダラダラしているとか足を組んでいるとか、そういう“姿勢が悪い”ではなくて、背筋をピンとして前を向いているというよりも猫背で斜めな感じ。でもこれがリアルでたまらない。嵐先生の話を真面目に聴いているともぴろを観ていると、「学生時代もこういう姿勢で授業受けていたのかな…」と思い、改めて女教師が羨ましくなる25歳。進行表のような黒い本をめくりながら授業を聞いていたのも可愛い。一度だけ座りながら背伸びをしたのがすこぶる可愛かったので、120点あげちゃう。

 

2.ご飯の食べ方がかわいい

一昨日の記事にも書いたけど、神山担は是非ここを見逃さないでほしい。まず鯛茶漬け(料理は変わるかも)が運ばれてきたら、手で仰いで香りをかぐ。「クンクン」という擬音をつけたいぐらい可愛い。そしておしぼりでガシガシ手を拭いた後は、畳んで丸めて元の形に戻す。はい、ここ最高に可愛い。そうして食べ始めるんだけど一口が小さいのか、嵐先生やメンバーがスプーンを置いた後も食べ続けるともぴろ。心なしか急いでいるように見えて「ゆっくりでいいんだよぉ~(;;)」とテレパシーを送るモンペがここに一人。無事に食べ終わると、先ほど丸めたおしぼりでお口をチョンチョンって拭く。はい、これがまた最高に可愛い。そして可愛さに追い討ちをかけるように、「ごちそうさまでした」ってサッと手を合わせる。手を合わせるのはほんの1秒ぐらいなんだけど、双眼鏡でその姿を観て、涙が出るかと思った。「は~~~もう~~~好き~~~(;;)」とテレパシーを送るモンペがここに一人。友人と入っていたわけじゃなかったので、即座にこの感情をさらけ出せなくて苦しかった。

 

3.助手を務める姿がかわいい

おおきなiPadみたいなやつがモニターなんだけど、のぞむぅと交互にシュッてやって画面を切り替える姿が助手らしさ溢れている。一番可愛かったのは、ホワイトボードと台を準備するかみこた。あまり裏方の作業をしている姿を見る機会もないし、すごくキュンとした。用意した台の上には文字の書かれたマグネットプレートがのっているんだけど、かみこたがその端と端を持ってホワイトボードにペタって貼っていた。正直「…それ一人でできるんじゃない(;;)!?」と思ったけど、可愛いから120点。ネガティブをポジティブに変換するコーナーでは、松本先生の「助手の二人も思いついたら答えていいんだよ?」っていう声で、二人して同じポーズで考え出したから可愛すぎて笑った。

 

4.フロートからはけるまでがかわいい

相葉くんと二宮くんと一緒のフロート。「このフロート分け聴かされたとき、緊張しだろうなあ(;;)」なんてモンペ発動させながらずっと観ていたんだけど、ともぴろってフロートに乗ると結構喋る。嵐先生や他のメンバーも口々に言葉を発しているから言いやすいのか、「運をミカタにつけよーう!」とか「視野は広くー!」ってみんなに紛れながら言っているのがとっても可愛かった。もっと堂々と言えばいいのに、でもともぴろらしいなって思った。助手が退場するときには、最後にともぴろがハケるんだけど、会釈じゃなくてステージのほうをしっかり向いてお辞儀していた。「は~~~もう~~~好き~~~(;;)(二回目)」と去り行く背中にテレパシーを送るモンペがここに一人。

 

よくよく考えると、自担がご飯を食べたり話を聴いている姿を双眼鏡で見守るなんて凄いイベントだ。始まる前はいろんな意見もあって、不安しかなかったけど、本当に本当に楽しいイベントだった。これだけ自担の話ばかりしといて説得力もないかもしれないけど、嵐の皆さんのおかげだと思う。優しくて話しかけてくれて気配りもしてくれて、本当におっきな先輩たち。東京でもみんなをワクワクさせてほしい。おわり☆