読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2.5次元びゅーーーん

神山智洋くんの手のひらの上で転がる日々。

適当に選んだともぴろちゃん5選

ともぴろ選

もうすぐ今年も半分が終わる。わたしの誕生日まであと30日、ともぴろの誕生日まであと1ヶ月。だからといって、特に話題もない。ただ言いたかっただけである。お仕事もひと段落して暇になったので、今回はスマホにある「ともぴろ」フォルダの中から画像を5枚選び、ともぴろを愛でる回にしようと思う。画像の選び方は、画面を見ずに上下へスクロールして指を差す、ある意味“ブラインドタッチ方式”とする。

 

1.ボクらは仲良し双子のパンダ

f:id:aco_oca:20160601133141j:plain

かみしげちゃん。かみしげちゃんの良さは、このアシンメトリー感だと思っている。髪色も顔や服の系統も、全部非対称。でも遠すぎない距離感。少女マンガでヒロインを取り合う2人のような雰囲気。どちらを選べばいいのか迷っちゃう、ってやつである。あとこの画像でいうと、ともぴろの左手のあり方が可愛すぎる。普段のかみしげちゃんを見ていても思わないんだけど、この画像を見ると何故だか頭の中で「パンぱんだ」が流れる。(パンぱんだとは、関ジャニ∞の横山くん・丸山くんによるユニット曲である。)この曲がもうすこぶる可愛い。パンダのかぶりもので歌うんだけど、それがすこぶる可愛いのだ。ちなみに振り付けも可愛い。この画像を見ると、自分たちのことを「可愛い」と分かっていながら、パンダの被り物をして踊るかみしげちゃんが観たくなるのだ。

 

2.もしもこの子が自分の生徒だったら

f:id:aco_oca:20160601140945j:plain

 かわいい!!!!!!これの何が可愛いかというと、自分の腕にもたれかかることによって、顔の右半分がムニってなっているのがかわいい!!!!!これは自分の顔が可愛いって分かっているときの顔だ。策士だ。授業中とかこんなふうに机でダラダラしていたのかな!!かわいい!!!同じクラスの女の子たちよりも、この姿を教卓から眺めていた女教師がとてつもなくうらやましい。わたしが女教師だったら、こうやってダラダラしているともぴろを教卓からロックオンした途端に、意味もなく教室を歩きまわりだして「こらっ、神山くんっ☆」とか言いながら、頭ポンって教科書で叩いちゃうな!!!

 

3.きのこのこのこげんきのこ

f:id:aco_oca:20160601133137j:plain

 正直この画像はちょっと狙って選んだ感ある。朝からずっと言っているんですけど、この腕やばい。本当に腕がやばくて、かっこよくてやばい。(語彙力)朝からずっと言っているのに誰もわかってくれない。それでもわたしが最近見たともぴろの腕だと一番かっこいい。これから夏だから、もっとこの腕が見られるようになるのが嬉しい。夏が近づいてきたときの男子高校生のワクワク感が、今なら凄くわかる。こんなキノピオみたいな格好しているのにこれだけかっこいいんだから、普通だったらかなりかっこよかっただろうな。わたしはこの白くて細い腕を守りたい。今年の夏はともぴろが日焼けしませんように。

 

4.玉ねぎの持ち方が野球

f:id:aco_oca:20160601133114j:plain

玉ねぎの丸かじりって美味しいのだろうか。野菜嫌いのわたしとすれば、この光景は少し信じがたいものがある。調理すれば食べられるんだけど、生野菜だったらレタスやキャベツぐらいしか食べたくないかもしれない。よくサラダに使ってある生野菜(キュウリとかトマトとか)も嫌いだし、一番好きな野菜はもやしだから、やはりわたしはアイドルに向いていないと思う。(←)ともぴろに関しては、アレルギーのあるもの以外で嫌いなものってあんまり聞いたことがないけど、もし玉ねぎ嫌いなのに頑張って丸かじりしてたら凄いなって思う。

 

5.おねがい!今月のお小遣い、もうちょっとちょうだい!

f:id:aco_oca:20160601133130j:plain

って言われたらあげちゃう。「おねがい!ほしいギターがあって…」とかいわれたら買っちゃう。「おねがい!おねがい!!」ってされたらなんでも言うこと聞いてしまいそう。背中を丸め込みながらお願いされたら、なんだって叶えてあげたくなっちゃうよね。ヒモでも十分生きていけただろうに、アイドルになってわたしの前に現れてくれてありがとう。やっぱりわたしはともぴろのモンスターペアレントかな。あと手をギュッと握ってお願いしていても可愛いだろうけど、手を伸ばしてお願いしているのも可愛いね。

 

ということで、本日はこの5枚。なかなかやっている側としては楽しかったので、またネタがないときにはしようっと。少しでもともぴろのかっこよさと可愛さが伝わっていますように。おわり☆