わたしのわたしによるわたしのためのブログ

このブログを始めて、半年ほど経った。ジャニヲタであることを隠したまま結婚し、日常で出しきれない熱い思いを、どこかで発散したいと思ったことが、ブログを始めたキッカケだった。現在わたしのジャニーズWEST好きは旦那にモロバレしていて、6000円以上するDVDも大手を振って予約できるまでになった。どのような経緯でここまで辿り着いたかというと、名づけて「友だちにコンサートへ連れて行ってもらったら、ジャニーズWESTにハマっちゃった」作戦である。なかなかコスい作戦だけれど、先日ジャニヲタの友人から「こんなジャニヲタのばらし方は聞いたことがない。お前は相当な策士だ。」とお褒めの言葉(?)をいただいたのでわたし照れ笑い。

 

今週のお題「ブログを書く理由?」について導入部分を書いたものの、ブログを書く理由が“自分のため”でしかないので、やっぱ辞ーめた。わたしにとってこのブログは“自分のため”以外のなんでもない。誰かのために記事を書いたこともないし、コンサートレポートだって自分の感情記録用でしかない。そんなブログをいつも読んでくれている方々と、昨日からTwitterでたくさんやり取りができて、改めてわたしは“自分のため”のブログであることを実感している。これからもアホみたいに神山のことについて書きまくるぞー!盛り上がれんのかー!?俺ら次第やー!!わーーーい!!!

 

そして『神山智洋弾き語りワンマンショー』について、滾る気持ちもまとまってきたので書く。いつもながら親馬鹿な言葉ばかりを並べてしまうけれど、あのラジオを聴いていた多くの人が、神山の弾き語りを耳にして、それを受け取って、たくさん褒めてくれた。それが本当に嬉しかった。アクロバットもそうだけど、たくさん練習してたくさん失敗して成長してきている彼が、最近頼もしすぎて仕方がない。弾き語りに関しても、最初からギターが弾けたわけではないし、たくさんたくさん練習したんだと思う。オフの日はインドアなイメージがある彼だけれど、ギターの練習もしているのかなって思うと、まとまったはずの滾る気持ちもぶり返す一方である。大好きな関ジャニ先輩の曲をオフの日に黙々と練習している神山智洋(22)、推さない理由なんてある?元エイターであるわたしにとってはどれも思い出深い曲だったけれど、特に「わたし鏡」は出だしで鳥肌が立った。おそらく聴く人が聴けばまだまだなのかもしれないけれど、わたしは十分楽しませてもらったし、藤井だって「すっげえ!すっげえよかった!!」って目をキラキラさせながら(予想)言っていたんだから良しとしようじゃないか。りゅかみ可愛いね。

 

今日はやっと逆転Winnerをお迎えにあがれた。今晩はジャニヲタの友人と鑑賞会をするので、明日はやっと特典の感想が書けるぞー!わーーーい!!!おわり☆