読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2.5次元びゅーーーん

神山智洋くんの手のひらの上で転がる日々。

ラッキィィィィィィィ7まとめ ⑦

ジャニーズ ジャニーズWEST ライブ 神山智洋

先日グループでの研修を経て、やっと新入社員がわが社へやってきた。社会人生活もこのぐらいの年数を迎えると、新入社員がやってくる前日には、しっぽりとお酒でも飲みたい気分にかられる。ドキドキしながら入社してきたあの春、もう何年前のことだろうか。今年入ってくる子たちは、わたしと何歳離れているんだっけ。そんなことを考えているうちに、今年の新卒が神山と同い年であることに気が付いた。一気に新入社員ウェルカムモードになったわたしの単純な脳みそだったけれど、翌日には現実を思い知らされ、また2.5次元の世界へと没頭するのであった。ということで、コンサートレポート最終章。

 

aco-oca.hateblo.jp

 

25.TAMER

 とりあえずこれだけ言わせてほしい。ポップアップ最高!ありがとう、中間淳太。素晴らしいぞ、中間淳太。中間のソロ曲なのに、ソロ曲ではない。あの歌詞は、やはり頭が良くなきゃ書けない。英語が多かったから、歌詞カードを見るまでよくわかってなかったんだけど、「ご褒美をあげる」「ご褒美をちょうだい」という掛け合いが上手にできすぎていて感動した。あとメンバーのことがよくわかってないと書けない。曲を聴いたときから思っていたけれど、メンバーとの関係性やファンが求めているもの、その全ての的を射ているなとステージを見てから、より強く思った。やっぱりファンのことを考えて作られているところが、中間らしくて好き。ポップアップでメンバーが次々と登場するんだけど、パープルイーグルとグリーンタイガーが上手すぎる。跳び出したときの高さが尋常じゃない、職人並み。やはりアクロバット極めていたら、ああいうのも上手くなるのだろうか。その後に続くピンクエレファントは、跳び方がぎこちなくてヒヤヒヤしたけど、それも末っ子らしくて可愛かった。あの登場の仕方は、メンバー全員テンションがあがるだろう。そういうメンバーの気持ちも考えてくれたのだろうか。実際に迷宮からの流れの次に、神山の目がギラギラしていたのがここだったし、中間淳太には感謝しかない。正直デビューしてからここ最近までで、個人的に一番株が上がっているのは中間淳太

 

26.Eternal

 よっ!待ってました!かっこいい!最高!だいすき!特に好きなところは「セピアの月に照らされ」と神山が天高くあげた拳を、「震える天使を強く抱いた」と歌いながら濱田がおろすところ。あと藤井が「%&#$&$!」と英語を叫んで、神山が「You are my everything,~」とかっこよく英語を並べて、のぞむが結構長めの英語を語って、しげちゃんが「%#$&#・・・」とつぶやいたら、あきとが「イェエエエエエエエエ!」と叫ぶところが好き。この曲を知らない人がこれを読んだら、どんな曲だよ!って思うかもしれないけれど、普通にかっこいい曲なので是非聴いてほしい。これもキャンストみたいに、全国ネットで披露できたら嬉しいよね!

 

27.ズンドコパラダイス

 「TAMERとEternal、かっこよかったな~」と物思いにふけっていたせいで、あんまり覚えていない。でもずんずんどっこ~ずんずんどっこ~♪という振りをしていた記憶はある。無意識でできるところが怖い。

 

28.マ・ル・モ・ウ・ケ

 アンコールはあるけど、最後の曲がこれっていうのが斬新。彼らの去っていく姿をみても、この曲のBGMが流れているから、悲しさも切なさもない。そう思うと、やはり今回のコンサートは最初から最後まで、まさに「ラッキィィィィィィィ」って感じだったんだな。だいたい最後の曲って暗めにしがちだけど、これを持ってくるところが偉いなって思った。

 

29.ガッテン・アンセム

 サインボール持って外周回りだすから、あまり覚えていない。ひたすら神山を目で追いかけながら、目の前にきた藤井をチラ見していた。誰かさんには失礼だと思われていたかもしれない。最初は特にこの曲に対して何も思っていなかったんだけど、どうやら私の母はアルバムの中でこの歌が一番好きらしく、それを聴いてからはわたしもなんだかこの曲を好きになった。

 

30.ジパング・おおきに大作戦

 この歌の振り付けが好きなんだけど、メンバー全員外周をひたすら回っていたので残念。「合言葉はおおきに~♪」の部分の振り付けがとっても可愛い。この曲のときかな、濱田が子供にサインボールをあげていて、しかもわざわざマジック持って名前まで書いてあげていてほっこりした。あと近くの濱田担のお姉さんの頭なでてて、あんなことされたらそりゃジャニヲタやめられんわ、と思った。一方そのころ、わたしのともひろは外周を回りながらお手ふりパレードをしていたのであった。

 

以上です。ようやくコンサートレポートが終わりました。最後のほうは本当にグダグダだったけど、コンサートレポートは未来の自分への財産だと思っているので、ここまで書けてよかった。このレポートをしているあいだに、書きたいネタがあったので、明日はそのことについて書きます。ずっと読んでくれていたみなさん、ありがとうございました。おわり☆