読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2.5次元びゅーーーん

神山智洋くんの手のひらの上で転がる日々。

前髪あげ洋(神山智洋の発音でどうぞ)

ウォーキングを始めた。仕事柄座っていることが多く、車社会で生活している。そのため、歩こうと思わなければ、なかなか歩く機会がないのだ。ウォーキングといってもお散歩程度だけれど、「運動している!歩いている!自分!偉い!」と思うことが快感になりつつある。

 

わたしの家から少し離れたところに、男女共学の高校がある。仕事終わりにウォーキングをしていると、男子高校生たちとすれ違うことも多い。そんな彼らを眺めては「あの中に神山がいればウォーキングもランニングになるのに。」と失礼なことを考えている。しかし男子高校生たちも「あのおばさんが石原さとみだったら帰り道も楽しいのに。」と考えているかもしれないので、そこは引き分けだと思っている。そんなくだらないことを考えていれば、意外にも5kmぐらいはあっという間である。

 

不純な目で男子高校生を眺めているわたしだけれど、ひとつ不思議に思うことがある。どうして男の子って、前髪を邪魔な存在として扱うのだろう。すれ違う男子高校生のほとんどが、前髪を立ち上げているか分けているかのどちらかなのだ。

 

最近では女の子の間でも三戸なつめちゃんのような前髪が流行っているらしい。個人的には、「前髪切りすぎた☆」とおでこを触りながら言われても、かみしげちゃんも抱きしめるどころではないレベルの前髪だと思っている。まあ、わたしも前髪を整えるのは苦手なので、ここしばらくは水原希子スタイルにお世話になっているが、男の子がこのヘアスタイルにすると、「ゴッホより~ふつうに~ラッセンがすき~♪」ってやらされると思うから止めておいたほうがいいと思う。

 

神山でいうと、わたしは金髪で前髪をふんわりさせているビジュアルが好きだ。ロンドン在住の少年みたいで可愛い。ぺったんこで濡れ感があるのは駄目。あくまでもエアリーな前髪がよい。現在はブリーチのし過ぎで前髪が千切れてしまったので、立ち上げるしかないのだろうけど、できることなら早く前髪を伸ばしてふんわりさせてほしい。しかし、意外にもSNSでは前髪を立ち上げている神山が好評で驚いた。

 

前神あげ山と前神ふんわり山だと、どちらのほうが好評なのだろう?もしかしたら若い女の子は、前髪を立ち上げているほうが好きなのかもしれない。そしてウォーキングの最中にすれ違う男子高校生たちは、それをわかっていて立ち上げているのかもしれない。青春ウォーウォーウォーウォウォー!!おわり☆