ぶ・ろ・ぐ・だ・誌!

ブログを初めて半年ほど経った。「仕事のある平日には、必ず更新する。」という社会人としておかしすぎるルールの下、これまでたくさんの記事を更新してきた。振り返ってみると、このブログを始めてからKAT-TUNが3人になったり、SMAPに解散報道が出たりと、ジャニーズ事務所にとって大きなニュースが続いたような気がする。その都度自分の思いを文章にしてきたつもりだけど、思っていることの半分も伝わらない言葉しか知らない自分にもどかしいときもあった。

 

ジャニーズWESTのメンバーも、週に一度web上でブログのようなものを更新してくれている。あの世代の男の子たちにとって、週に一度ブログを書くというのは、とっても難しい作業なのではないだろうか。その上期限も決まっているし、読み手のことは意識するだろうし、何も無くても何か書かなきゃいけないし、書いたことがNGになることもあるし。そう考えたら毎日更新をしている丸山先輩には、本当に頭が下がる。あそこまでやってくれていたら月額料金なんて本当に安いものだとも思う。

 

毎週ジャニーズWESTが更新する文章を読んでいると、それぞれの文字打ちとか内容とかバラバラすぎて、なぜか幸せになる。みんな違って、みんないいところを、それぞれ一言で説明したい。

 

重岡→5分以内で書いたような文章だけど、重岡らしい。時々狂気な文字打ちするからおもしろい。

桐山→一番読み手のことを考えている。先輩も登場することが多く、意外にアイドルらしい文章。

中間→ジャニーズweb連載界の芥川賞受賞ぐらいおもしろい。そりゃ歌詞も書ける。

神山→かわいい。あの文字打ちを狙ってやっているのだとしたら、相当な悪魔。かわいい。

藤井→友だちに最近あったことを話しているような文章。彼の辞書に締め切りという文字は無い。

濱田→一番時間かけて書き上げてそう。たまに何を言っているのかわからないところも、終始濱田。

小瀧→自分のファンに向けて書いている感じ。弟が彼女に送っているメールを覗いてしまった気分。

 

これじゃ全く良さは伝わらないかもしれないけれど、読んだことのない人は毎週水曜日にジャニーズWESTのページを覗いてみてほしい。「みんなちがって、みんないいんだよなあ。ACOを。」(みつを風)おわり☆