読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2.5次元びゅーーーん

神山智洋くんの手のひらの上で転がる日々。

マグロと具なしまんはわたしの希望だった。

ジャニーズ ジャニーズWEST テレビ 神山智洋

昨日の『ゼウス』まとめです。

 

たった一つだけ願いが叶うなら

わたしの願いは、ジャニーズ軍が勝つことではない。神山が1秒でも多くカメラに映ること、それだけである。イケメンな同志、知名度のある先輩方、おもしろい芸人の方々に囲まれた彼が、どうすればカメラに映るのか。ゲームに出場しても、相当な活躍をしなければダイジェストになるという状況を打破できるほどの技量が、彼にはあるだろうか。自分自身に問いかけながら、わたしはひとまず“登場シーン”を見逃すわけにはいかないと思った。

 

赤い扉が開いたらもう、世界が始まる

続々と登場するイケメンたちを凝視していたが、神山の姿を確認することはできなかった。なぜなら重岡が出てきたところで、ばっさり切られてしまったからだ。「ねえ!その後ろにとっても可愛い男の子たちがまだ残ってるんですけど!!」という声は届くわけもなく、一つ目の希望は脆くも崩れ去ったのだった。

 

まさに心はローリングゼウス

“奇抜なファッションで人気”という紹介を添えられ、可愛い笑顔を見せてくれた神山。黒髪の彼に向けたこの紹介は、世間へどれほどの説得力があったのだろう。そして派手な落ち方もせず、一人だけ残るわけでもなく出番が終了した。人生とは、なかなか思い通りにいかないものである。

 

「気が済むまで食べる」

Hey!Say!JUMPとジャニーズWESTが、先輩方にお茶を入れていたという情報にトキめいた。上下関係って大事だよ。そして前室のカメラに対して、いい位置にいる神山がグッジョブすぎる。カメラアピールする中間と藤井の後ろでニコニコしている姿が愛おしすぎた。番組の後半にも前室での様子が流れていて、具なしまんを美味しそうにほおばるところもバッチリ。目の前であんなに可愛く具なしまんを食べている神山を見て、翔くんはどう思っているのだろう。マグロと具なしまんはわたしの希望だった。

 

エンドレスジャンプ in love

1回目、ここでも位置がグッジョブすぎる神山。しかし跳び始めると、一人だけ前へ前へと進んで行く。溢れんばかりの向上心からか、その勢いは留まるところを知らない。そして彼の耳に縄が当たり、止まってしまった。Twitterでわたしに草生やしたリプライを送ってくる友人たち。恐れていたことが起きた。そんなことはわたしじゃなく、本人が一番感じているだろうと思うと胸が苦しかった。

 

エンドレスジャンプ and splash

2回目、神山のためにバミりができた。神山のためのバミり、嬉しい。みんなが神山のことを考えてくれている、嬉しい。しかし1回目と表情が全然違うことから、責任やプレッシャーを感じていることが伺えた。こうして智洋は大人になっていくのだなと、他人ながらに思った。跳び始めると、また前に行っているような気がしてハラハラしたが、今度は中丸がひっかかった。ひっかかり仲間ができたと思った矢先、上田にバトンタッチする中丸。しかし、神山は譲らない。あの位置も出場権も譲らない。男気あふれる彼の姿を見ることができて、わたしは嬉しかった。

 

ロマンティックに勝利をつかめ

こうしてエンドレスジャンプ以降、具なしまんを除いてはカメラに映らなくなってしまった神山。でもわたしの願いは叶った。こんなにカメラに映るなんて思ってなかったし、また一つ成長が見られたような気がした。やっぱり応援する人がいるって楽しい。たった2時間ちょっとの番組でも、これほどいろんな感情を持つことができる。背が高いのに大縄飛びで端を頑張ってたたかひろも、アーチェリーの結果はとっても悔しかっただろう中間も、いいとこばっか魅せてくれるふじいも、最後の大トリやっちゃうしげちゃんも、とっても素敵だった。今の願いは、次のゼウスにも出られますようにってことだけだ。