読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2.5次元びゅーーーん

神山智洋くんの手のひらの上で転がる日々。

神ちゃんの髪ちゃんについて本気出して考えてみた。

やはり幼少期から髪を染めていたのが良くないのだろうか。以前働いていた美容院*1で「幼少期から髪を染めていると、毛根や地肌へのダメージが大人になってからくる」という話を聴いたことがある。「神ちゃん 毛根」の話題が上るたびに、その話を思い出してしまう自分がいる。でもふじいも小さい頃から染めていたから、これに関しては個人差があるんだろうなと思う。

 

あと度重なるブリーチはやばい。ブリーチって大袈裟に言うと、髪の色素を抜くと同時に栄養分までごそっと持っていく行為である。あまりに色素を抜きすぎると、髪の毛自体が溶けてくるぐらい激しい施術。ヘアカラーにしたって、神ちゃんみたいな仕事をしている人たちは、おそらくヘアカラーをする前に一回ブリーチして綺麗な色に染め上げているはず。

 

で、多分今回の神ちゃんの赤髪はヘアマニキュアじゃないかと思う。これはヘアカラーやブリーチと比較すると、抜群に髪へのダメージが少ない。なんでヘアマニキュアだと思うかというと、色の取れ方が激しいような気がするから。エムステのクリスマスとカウコンでは、赤色加減が全然違った気がする。そこがヘアマニキュアのデメリットでもある。でもおそらくみんなが心配しているほど、今回の赤髪ではダメージを受けていないと思う。(赤にする前に、2回ブリーチしているのが気になるけど)

 

やっぱり髪の毛が元気に育つ環境っていうのは、髪質ケアをするよりも毛根ケアが鍵を握っている。誰か神ちゃんにこのことを伝えてあげてほしい。

*1:学生時代に受付のアルバイトをちょっとやっていました。