しないではいられないことをし続けなさい

先日お亡くなりになった水木しげる先生の「幸福の七か条」を拝見した。

 

1.成功や栄誉や勝ち負けを目的にことを行ってはいけない

2.しないではいられないことをし続けなさい

3.他人との比較ではない、あくまでも自分の楽しさを追求すべし

4.好きの力を信じる

5.才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ

6.なまけ者になりなさい

7.目に見えない世界を信じる

 

七か条の中で、特に共感した3つについて自分なりの解釈(ジャニヲタ目線かも)で綴ってみる。

 

2.しないではいられないことをし続けなさい

「あなたが今、したいことって何ですか?」って問われると、きっとみんな口からポンポン出てくると思う。美容院に行きたい、欲しい洋服を好きなだけ買いたい、美味しいお酒飲みたい、などなど。でも「あなたにとって、しないではいられないことって何ですか?」と問われると、きっとみんな少し考えてしまうと思う。

わたしもちょっと考えた。考えた結果、残念ながらジャニヲタとしての欲しか思い浮かばなかった。例えば自担がテレビに出ていたら、観たいのではなく観ずにいられないと思う。ライブの申し込みをせずにはいられないし、ライブの前には団扇の裏にどんなメッセージを書こうか考えずにはいられない。新しいCDが出れば予約せずにはいられないし、自担が新しい髪形にしたらSNSで感想を呟かずにはいられない。

しないではいられないことって、言い換えたら自分にとって当たり前なことなのかなと思った。「行きたいな」じゃなくて「行かなきゃ」と思える場所には通い続ければいいし、「買いたいな」じゃなくて「買わなきゃ」と思うものがあればお金を使えばいいのだ。おそらく水木しげる先生は、こんなことが言いたいのではないと思うけれど、なんだかはっとさせられた言葉だった。

 

今日は月初めでお仕事が忙しいのでここまで。残りの2つは、また明日。