今週のお題「私のテーマソング」

どうやら私は関西の人が好きらしい。今応援しているジャニーズWESTはもちろんだが、

以前は関ジャニ∞が好きで、48Gの中ではNMB48を応援している。ちなみに、さや姉推し。

 

なぜ自分がこうも関西のアイドルに惹かれるのかはわからない。が、おそらく私だけじゃない。

周りでも、関ジャニ∞からジャニーズWESTへ、ジャニーズWESTから関西ジャニーズJr.へ

その流れの逆もしかり、関西内で担当移動をしている人は少なくない。現に、私もその一人。

 

そんな人たちにとってのテーマソングが、DREAMS COME TRUEの「大阪LOVER」である。

 

この曲が出たとき、私はまだ安田担だった。思い起こせばキモおもしろいんだけど

周りのジャニヲタとこの曲を聴いて、胸を打たれ、ドリカム神か!最高!となった。

 

大晦日にギリギリまでバイトして、新幹線に飛び乗り、大正駅から京セラまで走ったあの日。

何度松竹座や大阪城ホールへ通ったって、上手にならない、なるはずのない関西弁。

ドリカムはきっと、関西のジャニヲタの心情をメロディーに乗せてくれたのだと思った。

 

そんなテーマソングを聴きながら乗る、ユニバのハリドリは至福の極みだった。

もちろん、SMAPの「Battery」を聴きながら乗るハリドリも、楽しいけれど。

 

あと、テーマソングとは少し違うかもしれないけど、私がジャニーズの曲で一番好きなのは

関ジャニ∞の「大阪ロマネスク」。これは本当に良曲。聴いたことない方は、是非。

 

恥ずかしいことに、この曲を流しながらHEPの観覧車にジャニヲタ4人で乗ったことがある。

あのときは凄く感動したし、今となってはそんなことをしていた自分たちがキモおもしろい。

 

とにかく「大阪ロマネスク」を歌っている関ジャニ∞を見るたび、この人たちをもっと全国へ

もっともっと微力ながら応援させていただきたい!という気持ちになったのを思い出す。

 

ジャニーズWESTの「Rainbow Dream」もそれと似ていて、応援したいと思わせてくれる曲だ。

7人でデビューできて本当によかった、という思いと重ね合わせてしまうと最後。

初めて7人でステージに立った姿を思い出し、やっぱりおばさんの涙腺は緩みそうにもなる。

 

これから生きていくと、もしかしたらテーマソングは上書きされるかもしれない。

でも記憶と一体となっている曲というのは、死ぬまで心に残るんだろうと思った。