読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2.5次元びゅーーーん

神山智洋くんの手のひらの上で転がる日々。

賀正とは、新年を祝うこと。

気づけば9月も終わり、10月に入った。2015年も、残すところ3ヶ月となってしまった。

ジャニーズカウントダウンの放送が無く、しれーっと始まった2015年。

 

2014年のカウントダウンでは、ジャニーズWESTが4人でデビューすることが発表され

なんとも言えない幕開けとなってしまったので、近年はあまりめでたい正月を迎えてない。

あの幕開けが、今となっては笑いながら話せるほうが、私にとってはよっぽどめでたいことだ。

 

2014年12月「FNS歌謡祭」で、お茶の間のジャニヲタは世間より早めに年を越した。

ジャニーズカウントダウンでも見られない大集合は、全ジャニヲタを奮い立たせた。

 

そして、記憶に新しいのが「THE MUSIC DAY」のジャニーズシャッフルメドレー。

もはや、私に賀正という概念はない。ジャニヲタとは、こうして常軌を逸するのだと思う。

できることなら、あの素晴らしい大名行列を拝みながら、2016年を迎えたかったと思った。

 

そして10月には、ジャニーズWEST 1st.コンサート「一発めぇぇぇぇぇぇぇ!」のDVDが発売される。

 

なぜ購入特典に毎度クリアファイルをつけてくれるのかが謎だが、それはひとまず置いておいて

このライブに足を運ぶことができなかった私にとっては、今から非常に楽しみなDVDだ。

 

だから9月中旬には、近くのCDショップへ予約をしに行った。が、それは既に時遅し状態であり

初回限定版(DVD)は、既に予約分でいっぱいであることを伝えられた。

 

「マジか」しか、頭の中に浮かばなかった語彙力の無さを恨むけれど、本当に「マジか」だった。

近場のCDショップに問い合わせたけれど、どこも初回限定版(DVD)は予約分でいっぱいで

私はAmazon先輩にすがりつくしかなかった。こんなことは、ジャニヲタ人生で初めてだった。

 

もともとの生産数が少ないとか、そのCDショップの近くに高校があったせいかもしれないが

「予約しなくても買えるけど、フラゲしたいし」というスタンスでやってきた私にとって

今回のことは非常に良い経験となり、ジャニーズWESTの勢いを思い知ることとなった。

 

なにはともあれ、彼らのパフォーマンスが映像に残ることは、とても嬉しい。

「一発めぇぇぇぇぇぇぇ!」が発売されていない今から、「パリピポ」の映像化が楽しみだ。