読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2.5次元びゅーーーん

神山智洋くんの手のひらの上で転がる日々。

今週のお題「人生に影響を与えた1冊」

ジャニーズ 漫画

小学生時代は、りぼん派だった。神風怪盗ジャンヌとか、GALS!が連載されていた時代。

 

この2つも、もちろん面白くて大好きだったんだけれど、私の人生に影響を与えたのは

それ以前に連載をしていた、矢沢あい先生の「ご近所物語」だ。

 

といっても、ご近所物語がりぼんで連載をしていたころ、私はまだ幼稚園にもなっていなかった。

だから、初めてご近所物語を見たのは、アニメ化されてからのこと。小学校低学年だったと思う。

 

アニメの色使いとか、それぞれのキャラクターが大好きで漫画を買って読んだんだけれど

当時からイケメンが好きだった私は、小学生にしてツトムの虜になってしまった。

 

今でも、2次元の中で一番好きな男子はツトムだ。あのスタイル、性格、ただものではない。

ちなみに一番好きなツトムは、ご近所物語ではなくパラダイス・キスの中にいる。

紫の撮影前に「リラックスしていこーね」とハートとばしているツトム。最強だ。

 

あと、これは全く根拠のない自信なんだけど、神ちゃんは絶対この漫画にハマると思っている。

お姉ちゃんがいるから知っているかもしれないが、機会があれば是非オススメしたい。(←)

 

話は戻って、ご近所物語にどんな影響を受けたかというと、やっぱり服のこと。

ご近所物語を見て、服を買うことはもちろん、製作が好きになり、大学も服飾関係へ進んだ。

 

今はというと、別にアパレル関係に勤めているわけでもないんだけれど

おかげで学生時代はジャニーズと服飾の日々で、忙しいながらも本当に楽しい日々だった。

 

それと、もっと影響を受けたのは、あの実果子の性格。今でも私の目標であり、憧れだ。

当時の私にとって、すばるくんが最強のヒーローなら、最強のヒロインは実果子だった。

 

ご近所物語の中で、一番好きな台詞がある。それが

「手に入れたいのはハッピーエンドじゃない。鍛え抜かれたハッピーマインドだ。」

 

これは、私の座右の銘。「終わりよければ、全て良し。」という言葉があるけれど

それだけじゃつまらない。結果だけじゃなく、自分自身もハッピーになっていたい。

ハッピーマインドは、ジャニヲタである私にとって、どんなときも大切にしてきた心構えだった。

 

ジャニーズも、デビューまでの軌跡やそれぞれの個性を生かした漫画が出版されているけど

10年ほど前にMyojoにあった「DREAMIN' BLOOD」という、関ジャニ∞の漫画は今でも覚えている。

 

あの漫画は全エイターが泣いたし、それ以降エイターになった人には、是非読んでほしい1冊だ。

あれはあれで、私の人生のみならず、私のジャニヲタ人生にかなり影響を与えた1冊だった。

 

いつか、今Myojoで連載している10000字インタビューを書籍化して欲しい。

そうしたら、ジャニヲタに影響を与えまくる1冊になるんじゃないかと思う。