わたしとジャニーズ~現在~

再度「担降り」というビッグイベントを迎えたのは、大学3年生の頃だった。

その頃には、昔からの付き合いだったジャニヲタたちが、ちらほらヲタ卒をしていた。

かく言う私も、就活に追われまくっていたこともあり、徐々に現実へ意識を向けていた。

 

さらに、その年には安田くんの主演舞台「トラストいかねぇ」があった。

本当に素晴らしい舞台で、関ジャニ∞がデビューしたときと似た達成感を感じ

良い意味で精根尽き果てたのが、現実を意識し始めたもう一つの理由だった。

 

そんなとき、友人に連れられていった関西ジャニーズJr.の舞台で

当時、7WESTに所属していた神山くんを見つけてしまった。

 

神山くんは、小さいころからジャニーズJr.として活躍していたし

関ジャニ∞のライブでも、後ろで踊っていたことがあった。

だから、存在は知っていたけれど、演技をしている彼をじっくりと見たり

彼の顔ですら、まじまじと見たりなんてことは、今まで一度となかった。

 

初めてその姿を見せ付けられた私は、ただただ彼を応援したいと思った。

多分、ジャニヲタの半数ぐらいは担降り先を見つけてしまったとき

「なぜ私は、今までこの人の存在に気づけなかったのだろう」と思う。

 

神山くんを見つけてしまったときの私は、まさにそれだった。

こうして私は、再度「担降り」という名のビッグイベントを迎えた。

 

そして現在、私はジャニーズWESTとしてデビューした彼を応援している。

これまたかっこよく言うと、決して平坦な道ではなかった。

たかが数年しか応援していない私でも、彼が活躍する姿に感動しっぱなしなのだから

ずっと神山くんのことを応援して見守っている方たちの、今の気持ちは計り知れない。

 

と、長い自分語りになってしまったが、次回は

 

では、なぜ内緒にしているのか。 それは、自分のジャニヲタ魂にストップをかけるためなのだ。

Can't Stop!! -LOVING - - 2.5次元びゅーーーん

 

これについて書いていきたいと思う。